FC2ブログ

TEAM温泉野郎(仮)ブログの仮庁舎

フェンウィック・リンクス 75SMLP+-2JロングシューターSPL レビュー  

まだバスは掛けてませんが、待ってたら「鮮度」が落ちそうなんで先に書きます(^-^;)

バス釣り復帰後、約半年後に導入し、以来4年半の長きにわたり1軍選手として活躍して来た、現存ロッド最古参のアブ・クロスフィールド802MLですが、ついにその座を降りる時が来ました(^-^;)

ここをご覧の方ならお判りの通り、私はフェンウィックが大好きなんで、全部フェンウィックにしたかったのですが、このクロスフィールド802MLに代わる様なスペックのラインナップがフェンウィックにずっと無く、「こうなったらフェンウィックじゃないけど、ティムコのシーバスロッドにしちゃおうか?」とか考えていたぐらい、入れ替えたかったロッドなんですが、この春ついにリンクスに「ロングシューターSPL 」のサブネームを持つモデルが登場!発売初日に速攻でポチりました!\(^O^)/








実は一年前に上級グレードの「エイシス」に『ロングシューターSPL 』のサブネームを持つモデルが登場(ACES74SMHJ)していたのですが、税込67100円という価格と、実際の店舗で触って確認したところ、MHのロッドパワー(硬さ)が気になり購入を見送った経緯がありました(^-^;)
で今回、ベーシック・グレードのリンクスに2種類の「ロングシューターSPL」が追加となり、私は長くて硬い方の「75SMLP+」をチョイス(もう一つは73SLP+)

見た瞬間感じたのが…



バットが太い:(´◉ᾥ◉`):






クロスフィールド802MLと比べたら明らかに「ゴツい」(^-^;)
「MLのパワープラス」なんで、『MのバットにMLのティップ』ぐらいのイメージだったんですが、曲げた感じは『MHのバットにMのティップ』(ちょっとオーバー?(^-^;))ぐらい、クロスフィールド802MLより断然硬い。で、…


ちょっと重い(^-^;)




HPでスペックが公開された時点で覚悟はしていましたが、クロスフィールド802MLが8ftもあるにも関わらず驚異の108gという軽さだったのに対し、リンクス 75SMLP+-2Jは127gと約20gも重い(´・ω・`)
まぁ、この辺は腕力でカバーするとします(^-^;)


あと、『ガイドの抜けが悪い』と言うのもあります…(´・ω・`)
私の使い方(PE +リーダー)限定ですけど、このロッドはクロスフィールドと比べ径の小さい「フィネスガイド」を採用している為、リーダーの結束部分の抜けが悪く、結果キャスト時に結束部分がガイドに掛からない様、リーダーを短くしなければならないです(´・ω・`)





先に悪いところ?を書きましたが、良いところは、まず…



めちゃくちゃ飛ぶ\(^O^)/




『ロングシューターSPL』の名は伊達ではありません!(^-^;)
ゲーリー・ファットイカを「普通に」キャストしただけで奥に見えるブッシュに楽々到達。








フルキャストしたら余裕でブッシュの向こうまで飛んで行ったので、50mは飛びます!ただ、ファットイカ(約11g)ならクロスフィールド802MLでも同じくらい投げれますが、それより重くなる(例えばデス6 約14g)とクロスフィールド802MLではロッドが負け気味で途端に投げづらくなります。



しかし!



リンクス 75SMLP+-2Jならデス6でも全然余裕!試しにルドラ(21g)も投げてみましたがこちらも余裕。ネタ的にイービルシャッド(28g)も投げてみましたが、これまた余裕で投げられる!(ロッドよりラインの方が心配(^-^;))






調子に乗ってアラバマも投げてみましたが、これは流石にやり過ぎた(^-^;)、でも、ロッドよりもライン(の細さ)と巻き抵抗でリールが厳しかった感じで、ロッドの方はそれ程って感じだったので、マジでこのロッドのパワーは凄いです(@_@)

で、先日60cm近いナマズを掛けたのですが、やはりフェンウィックの持ち味である『トルク』を継承していて、しっかりと魚を浮かしてくれました\(^O^)/


fc2blog_202004060312317c8.jpg



パワーという点で、クロスフィールド802MLを上回ってるのは間違いないですが、軽いものの投げやすさや、自重の軽さにここまで差があるとクロスフィールドの代替や上位互換と言うよりは全く別の用途のロッドと言えますね(^-^;)


次はバスで入魂したいな…(´・ω・`)

コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top