TEAM温泉野郎(仮)ブログの仮庁舎

ブラシレスモニター(オフロード編)   

アルティマに搭載してのオフロード初走行。
ドリフトでは良く判らなかったんですが、このモーター速いですね(笑)
使ってるLipoバッテリーは安物でパンチも無い筈なのに、もう充分なスピード&パワーでした(^_^)

ちょっとパワーがあり過ぎる感があったので、前回デフォルトのオフロードsetから数値を落とした(36%→18%)イニシャルスピードを更に落とし、最終的には8%に設定しました。






ただ、この設定でもカーペットの上でラフにスロットル握るとフロントが浮いていたので、ひょっとしたら0%でも良いのかも知れませんね(^-^;)
その辺りは次回試してみたいと思います。

あと、気になった点が二つ。

一つは、バックの入りの悪さ。
ドリの時にも感じてたのですが、当然の事ながら(^-^;)オフで感じます。
感覚的には、ミニッツの2.4G基盤みたいな感じ(伝わるかな?(^-^;))


まぁ、ブレーキング中にバックに入ってしまうHWのESCよりマシですけどね(^-^;)



あと一つはTAOなんですが、前日充電して持って行ったのにも関わらず、現地で電源入らず…(-_-;)
タキオンから電気供給して貰って設定はできるのですが、これならHWのカードの様に最初から電池非内蔵にして(ついでにストップウォッチや温度計も外して)価格を下げた方が良い様な気がするんですが…(^-^;)


まぁ、いろいろ書きましたが(^-^;)、ドリフトで人気のタキオン&ルキシオンですが、バギーでも充分なポテンシャルがある事が確認出来ました(^_^)




走行機会は少ないですが(-_-;)、引き続きレポートしたいと思いますm(_ _)m

ブラシレスモニター(セカンドステージ・スタート!)   

先日書いたとおり、スクドリに搭載していた、タキオン・ルキシオンのsetも美味しいところが判り、走らすコースによってニュートラルブレーキを微調整する程度になってしまい、ここに情報を晒す事も無くなってしまった感があったので、思い切ってドリフトからバギーに載せ替える事にしました!



配線は結構いい感じにまとまったと思う( ̄ー ̄)ニヤリッ



正直言うと、タキオンのフィーリングが気に入っていたので、スクドリから降ろすのは凄く悩んだのですが(-_-;)、このまま中途半端にブラシレスモニターが終わってしまうより、違うカテゴリーにチャレンジする事で、キーエンスさんに報いる事が出来るかも?と思い、決断しました!


プログラムもドリフト用からオフロード用に変更!



ただ、TAOデフォルトのオフロード・プログラムはイニシャルスピード(握り始めのパンチ)が36%!というあり得ない設定なので(^-^;)、半分の18%に設定しました!



アルティマにタキオン・ルキシオンを奪われた可哀想なスクドリ君には、当初アルティマに積む予定だったHWのESCを搭載!



以外と色目も合ってる!?



普通は新しいメカ積む時はもっとワクワクするものなんだけど、今回は全然テンション上がって来ない…(-_-;)

まだ走らせてもいないのにこんな事言うのも何なんだけど、やっぱりタキオンが良いな…(´Д⊂グスン










でも、こちらのESCもプログラムカードでいろいろset出来るらしいので、どこまでタキオンに近いフィールを出せるか、間に合ったら明日GAGAさんで走らせて来ます!
















…と書いている最中に職場からTELがあり、明日(もう今日ですが)都合により勤務になってしまいました…(´Д⊂グスン






またGAGA詣が遠のいた…(-_-;)























..... Ads by Excite .....

タキオン・タオの点検結果   

キーエンスさんから

先日お送り頂いたタキオン・タオですが、弊社ではご指摘頂いた症状を再現することができませんでした。…

との連絡が来ました。

「電子部品という性質上、ノイズ等の影響で偶発的に通信エラーが発生した可能性もございますが…」との事でしたが、今のところ代替品ではこの症状が出ていないので???って感じですね(^-^;)

まぁ、とりあえずこのままもう暫く様子を見たいと思います(^_^)



続きます…(3連続です)






















..... Ads by Excite .....

タキオンの最新.Verは…   

(・∀・)イイ!!



です!( ^ー゚)b









私はLi-Feバッテリーをメインで使用しているのですが、従前のタキオンだと、超高速&ハイグリップな体育館走行の場合、握りっぱの時間が長いと電圧降下が激しいらしく、走り出し直後にも関わらずすぐ電圧カットが効いてしまっていた(カットオフ5.8v設定)のですが、今回のVerアップでその辺りが良い意味で「曖昧」になった様で、前はカットオフを5.2vまで落とさなければまともに走れなかったのが、5.8vのままでも15分近く走行が可能でした\(^O^)/


まだ続きます…(^-^;)

今度のTAOは…   

ダメ


です…(-_-;)




例の「Link Fail!」は出ないのですが、機能の一つである非接触・赤外線温度計が全然ダメ(-_-;)

前にコメントを下さったnishimuraさんの仰ってた意味が判りました(^-^;)

どれぐらい使い物にならないか言うと、室温15℃の部屋の中に置いてあるマシンのモーター部分を測定したところ…



31.5℃!?(@_@)



手持ちのヨコモの非接触・赤外線温度計で測定したら…


これが普通だよね?(^-^;)



前のTAOはこういう比較をしていないものの、常識の範囲内の数値だったので気にならなかったのですが、これは完全に使えないですね…(-_-;)




個体差なのかも知れないですが、センサーが売りのキーエンスさんなので早期に改善願いたいものです…(-_-;)





▲Page top