TEAM温泉野郎(仮)ブログの仮庁舎

2017第一回温泉野郎ツーリング!  

超〜久しぶりのバイク記事(^-^;)
去年はセローに乗ってないので、約2年振りとなるツーリングでした(@_@)

前日に、去年購入してそのまま放置プレイだったバッテリー&オイル交換を実施!






26年目を迎えたセローは絶好調!心配なのは乗り手の感覚と体力だけって感じ(^-^;)
急だった事もありメンバーの都合が中々合わず、結局参加者は最古参のおっさん3人のみ…(´・ω・`)
当初、もう一人3年目の若手も来る予定だったのですが、諸事情によりキャンセル…(´・ω・`)、まぁ管理職3人と一緒に若1人では気まずいわなぁ…(^-^;)

てな訳で、気心知れたいつものメンバーで出発!




途中、道を間違えて行き止まりになったり、地図上では「普通の道」だと思った道が「廃道寸前」の悪路だったり、行く先々で土砂崩れによる通行止めや迂回があったりとハプニング続出でしたが、無事に帰って来る事が出来ました\(^O^)/






メンバーのtomyが動画にまとめてくれました(^_^)

久しぶりのツーリングは楽しかった〜\(^O^)/
ただ確実に体力等は落ちてるので、今後も無理をしない程度にバイクを楽しみたいですね(^-^;)





今度は大人数で行きたいねぇ〜(^_^)

レガシィ・アウトバックがやって来た!  

我が家に最新のアウトバックがやって来ました\(^O^)/














まぁ、レガシィの車検の代車なんですけどね(^-^;)
「最近釣りやってるから、代車はアウトバックかクロスオーバー7にしてねw」って冗談で言ったら「アウトバック取れたよ」って担当メカから電話ありビックリ(@_@)

しかも、上級グレードの Limited(車両価格約350万)
乗り出し価格400万超えの高級車!運転してても緊張します(^-^;)

で、乗った感想としては…





非常に『滑らか』




エンジンは私のレガシィと同じ2.5L、ただしこっちの方は最新のFB型(私のはEJ型)、スペック上はパワー&トルクは若干上回る程度なのですが、組み合わされるリアルトロニック(CVT)との相乗効果か、非常にスムーズで「しっとり」とした乗り味。パワー感も必要十分で、かつ燃費の方もCVTのおかげかかなり良い感じ。

私のところに来た時燃費計は11.2km/Lだったのですが、3日乗って現在11.5km/Lまで上がって来てますので、私のB4より車重が160kgも重い事を考えたら上々なんじゃないでしょうか?

で、乗り心地の方なんですが、こっちは思いの外足回りのsetは硬め。
正直言うともっと柔らかめでも良いんじゃね?って感じですが(^-^;)、車高の割にはロールは少なく、普通車(ってまぁこれも普通車ですが(^-^;))に乗っている様。
大きなギャップも「スッと」いなす様な感じで、今まで乗ったスバル車とは違う高級感のある乗り心地でした(^_^)
ただ、繰り返しになりますが、ちょっと初期の「当たり」が硬く感じます。これはグレードが Limitedなのでタイヤが18inなのと、装着されている「可変ダンパー」の影響かも知れませんね(^-^;)

あと、装備面で言うと何と言っても今やスバルの代名詞となった「アイサイト」
version.3となり、従前のプリクラッシュブレーキ・全車速追従機能付クルーズコントロールに加え、ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識してステアリング操作のアシストを行い、車線中央維持や車線逸脱を抑制する「アクティブレーンキープ」も搭載。
特に「追従機能付クルコン」は一回体感しましたが、ちょっと感動モノですよ!

更に!「アドバンスドセイフティパッケージ」なるモノも装備されていて、車体後部に内蔵されたセンサーによって、自車の後側方から接近する車両を検知する「後側方警戒支援システム」。ウインド内側の単眼カメラが前方の光を検知し、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替える「ハイビームアシスト」。周囲の光や後続車のライトの眩しさを自動的に軽減する「自動防眩インナーミラー」等、安全装備に関して言えば「これでもか!」と言わんばかりのてんこ盛り!

アイサイトって私のレガシィ(4代目の最終F型)から登場したんですが、7年の技術の進歩って凄いですね〜(^-^;)
何年か後、version.6ぐらいになったら「自動運転」にまで行っちゃうんじゃないか?(笑)


…とここまで肯定的な意見ばかりでしたが、唯一!?と言って良い不満点は…




デカ過ぎる!



…って事。
アメリカを意識した…というか、日本を捨ててアメリカで売る事『だけ』を考えて作られただけあって、全幅は1840mmと私のB4より110mmも大きい!(@_@)
乗ってしまえば意外と気にならないのですが、やはり狭い道では気を使います…(-_-;)

やっぱ個人的にはレヴォーグの大きさ(全幅1780mm)がギリですかね(^-^;)
これの車高の高い「クロスオーバー」が出たら最高なんですけどね〜、出ないのかな?(´・ω・`)

あ、そうそう。写真は撮り忘れましたが、バス釣りの道具の積載性は文句無し!
B4と比べるまでもなく、竿の積み降ろしは楽だし。リヤゲートはパワーゲートでリモコンでも操作可能だしで言う事無し!強いて言うならパワーゲートの動きがちょっとゆっくりで、せっかちな人にはちょっとイラッと来るかも?って事ぐらいかな?(^-^;)

以上が、4日間約200km乗ってみた感想です(^_^)
今日無事にB4君が帰って来て、「乗ったら(アウトバックと違い過ぎて)がっかりしてしまうんじゃないだろうか?」ってちょっと心配しましたが(^-^;)、やっぱ2年間乗って馴染んだクルマはしっくり来ますね(^_^)




まぁ、あと4年は頑張って貰わないと行けないんでね…(^-^;)、レガシィ君頑張ってね(^_^)/


一週間インプレッサ スポーツに乗ってみて…  

ステラが修理に入って一週間。その間の代車としてインプレッサがやって来てます。




グレードは1.6i-SのFF、CVT。
昨年マイナーチェンジしたD型ですね。

第一印象としては、先に書いた様に「出足の加速感は中々のものだなぁ…」って感じ。
まぁ、正直言うと、このインプはスバル前社長が「走りに向けられていたコストを削って、軽量化・低燃費化に振り分け、更に全体のコストを削減して価格を下げる!」とのたまったモデルなので、走りの方には『全く』期待していませんでした(^-^;)









が!




街中を普通に走っているだけでもハッキリわかるくらい『乗り心地が良い』
家のレガシィとはタイヤ銘柄もサイズも違うので直接比較は出来ませんが、ロードノイズが少なく、細かな振動も少なめ。何よりスタビライザーを含めたダンパー&スプリングのsetが絶妙で、硬過ぎず柔らか過ぎず、「角の取れた」かつ「しっかり」とした足回り。

そして、エンジン。さすがに1280kgの車重に1600ccのターボ無し、115PSのエンジンでは動力性能に余裕があるとは言えませんが、CVTのsetが良いのか、常用する0〜60km/hぐらいまでの加速に関しては全く不満はありません。ただ、上り坂やバイパスの合流路での加速についてはちょっとキツイかな?と思う時もありますが、まぁこれは仕方ないかな?と思います。


で、あまりに良く走るので、「裏山?」のテストコースに連れ出しました!










が!









やっぱり(・∀・)イイ!!


特にRサスの動きが秀逸!
うちのレガシィはコーナーリング中にギャップを乗り越える時、Rサスの接地感が薄くなり『グニュ』っとズレる(スライドする)感触があるのですが、このインプは同じシュチュエーションでもその様な動きは皆無!
Rサスが動いてしっかり路面を捉えていて、安心感抜群!Fとのグリップバランスも良く、ホント「気持ちよく」走れました!(^_^)


正直言うと、このクルマが代車で来た時は「やっぱコストダウン重視のクルマは中身もペラペラだなwww」って貶してやろうと思ってたのに、まさかこんな「提灯記事w」を書く事になるとは思いませんでした(^-^;)

あ、そうそう。走りだけでなく関心したのが燃費面。
このクルマのマルチファンクションディスプレイにはエンジンを始動後からの平均燃費を表示する機能があるのですが、塾の送迎程度のチョイ乗りでも17km/リットルの低燃費!
前述した様に、パワーに関しては余裕は無いものの、この燃費なら納得でしょ。







不満点と言えば…
バスロッドが載らない…(^-^;)


当然、床に転がせば6.8ftのロッドでも載るのですが、天井に付けるタイプのロッドホルダーは使用不可能(-_-;)
まぁ、位置付けとしては5ドアHBなんで仕方ないですよね(^-^;)、そういう使い方したいならレヴォーグを買え!と言う事でしょ(^-^;)

あと、強いて言うならボディがデカイ…(´・ω・`)
横幅だけで言うとうちのレガシィより大きいし…慣れるまではちょっと気を使いますね(^-^;)


でもね、ホントこれ『良いクルマ』です!(^_^)
スバルで積極的にFFのクルマを選ぶ方は少ないかと思いますが(^-^;)、気になる方は是非一回乗ってみて欲しいと思います(^_^)

12時間経過…  

相変わらず、ポルシェとアウディのトップ争いは熾烈!
トヨタは…やっぱ勝負権無いな(-_-;)
日産は…もうね、予想通り過ぎて失笑しかない感じw

Jスポの解説で由良さんも言ってたけど、遅過ぎて110%ルールに引っかかって、本来なら『予選落ち』と言う様な『遅いマシン』で決勝走って来年のデーター取りなんかしたって無駄でしょ?(^-^;)
あれじゃ、日本のS-GT走ってるGTRの方が速いんじゃね?w
日産(そしてGTR)の名前を前面に出すなら、他社を見習って「ネタ車」じゃなく、「まともな」マシン造って、真剣に参戦して欲しいです・・・(´・ω・`)





ちなみに、12時間経過時点でGTRは21号車RT。22号車はtopから67周遅れの走行中全車(LMP1,2 GTE プロ、アマ全て)48台中47位、23号車は59周遅れの45位…

ル・マン24H 2015スタート!  




序盤からポルシェとアウディがやりやってますね〜(^_^)
トヨタは淡々と走る「カメ作戦」か?
日産は・・・まぁ頑張れ(´・ω・`)

▲Page top